toggle
2018-03-30

憧れの場所に臆せず行けること それが、私のファッションの原点です

今、こうやってファッションの仕事をするようになっても
まだまだ、自分に自信があるのか?と言われると
そこそこかな…程度です。

 

でも、以前の私とは
だいぶ、変わりました。

 

憧れのところへ臆せずに行けること

 

それが、
私のファッションを学ぶ原点でした。

 

 

「ここに行きたいなー!いいよねー。」
そうやって主人が目を細めて眺めていたのは
銀座の老舗のお寿司屋さん

もう、10年以上も前かもしれない夢を
お店は違うけれど、叶えることができました

 

とろっとろのうに♡

 

本と猫とカフェ、女子が好きなお買い物にしか興味がない私と
どこかに行きたいけれど、人混みが嫌いすぎる主人

お家でまったりもいいけれど
大好きなご飯くらい
一緒に行って楽しめる空間に行きたい

 

 

でも、その場所にふさわしいファッションを
当時の私は理解ができませんでした

 

だからこそ、今は
TPOも含めてファションを考えることができるようになったから
主人と行きたい!と願う場所に
いくことを叶えることができます。

 

 

そうすると、
やっぱり、私も幸せになれるから。

 

 

最近よく耳にする
自分が幸せになる方が先って言葉が
私にはどうも苦手で…

 

大事な人が笑顔になるならば
私は幸せだし
大好きな人が喜んでくれる姿が見れるなら
私は、最高に嬉しい

 

どちらが先なんて
どうだっていいんだよ

 

ただ、犠牲になる必要はなくて
「喜んでくれる姿を見れるなら、頑張れる範囲」
でいいんだよ。

 

私がファッションを提供する理由は
ただ、お客様が幸せになってくれるなら
それで、自信を持ってくれるなら
とてつもないパワーが出せるってこと

 

まだまだ未熟な動機かもしれない

 

でも、ファションで世界が変わるのを知っているから
たくさんの人に理論で考えられる方法を
届けたいから

そのために
この仕事を続けてます

 

 


関連記事